メインコンテンツに移動
Search

Zurich Instruments

Discover the Next Generation
of Qubit Control

Join us at the SHFSG 8.5 GHz
Signal Generator launch event

Register now

Your Qubits. Controlled.
Meet the next generation of signal generators

  • Control 8 qubits per instrument
  • Operate at up to 8.5 GHz, free from mixer calibration
  • Maximize gate fidelities with high-purity signals
Learn more
Lock-in Splashscreen

High or low frequency?
Sine wave or low duty-cycle?

We have the right lock-in amplifier for all your periodic signal measurement needs.
Find the perfect configuration for your application.

Contact us

Challenge us.

How fast do you want to detect your periodic signals?

Measure and record with the best signal-to-noise ratio in the shortest time with Zurich Instruments Lock-in Amplifiers and Boxcar Averagers.

What is your challenge?
Splash screen for requesting an online demo by Zurich Instruments

 
Schedule a Demo with an Application Scientist

Book a session

アプリケーションの要求条件は何でしょう?

お問合せ デモをリクエスト

量子コンピューティングシステム

量子コンピューティングシステム

  • コンパクトで量子ビットを100キュービット以上に拡張可能
  • LabOne®ソフトウェアで生産性を向上
  • 低ノイズ、高解像度、広帯域幅
  • 高速で柔軟な量子フィードバック

ロックインアンプ

ロックインアンプ

  • DC ~ 600 MHz の動作帯域
  • 低入力ノイズ、高ダイナミックリザーブ
  • ボックスカー、PID、オシロスコープ、FFTなどのツールを搭載

インピーダンスアナライザ

インピーダンスアナライザ

  • 1 mHz〜5 MHz、1 mΩ〜1 TΩ
  • 高速かつ高精度に測定
  • DLTS、MEMS、ESR&ESL測定に最適

LabOne は、すべての製品に搭載

LabOne Overview

LabOne®は、単純な実験にも複雑な実験にも効率的なワークフローを約束する機器制御ソフトウェアです。

  • 一般的なプログラミング言語をサポートするブラウザベースのユーザインターフェイス
  • 高度な信号処理ツールでサポートされる時間ドメイン・周波数ドメインのデータ解析
  • 複数の機器にわたるリアルタイムでのマルチチャネル信号取得

LabOneについて 詳しく知る

顧客インタビュー

Heng Shen

« HF2LIは、高次高調波からのクロストーク抑制の点で他の機器を上回りました。 »

Heng Shen - 山西大学の量子光学および量子光学デバイスの国家重点実験室の主任研究員。彼は、トラップされたイオンと冷たい原子を使った量子シミュレーションとコンピューティングに取り組んでいます。

顧客インタビュー

Natalia Ares Group

« UHFLIを使用して、浮遊カーボンナノチューブ内の単一電子トンネリングによって駆動されるコヒーレントなナノメカニカル振動を検出しました。 »

Natalia Ares (standing in the center) - オックスフォード大学材料学部の王立学会大学研究員。彼女は、ナノスケールデバイスの量子挙動を研究するグループを率いています。

顧客インタビュー

George Nelson

« MFIAは、従来のDLTSシステムに見られる3つのコンポーネントを置き換えます。 »

George Nelson - ロチェスター工科大学(RIT)のポスドク。彼の仕事は、衛星産業向けのIII-V太陽電池に焦点を当てています。

顧客インタビュー

Prof. Christoph Stampfer, RWTH Aachen

« 最近、私のグループはチューリッヒインスツルメンツからAWGを取得し、2層グラフェンの潜在的なスピンおよび谷キュービットの物理を理解するのに役立てました。 »

Christoph Stampfer - RWTHアーヘン大学の量子デバイスおよび2D材料グループの責任者。彼の研究は、グラフェンと関連する2D材料、および量子輸送と量子技術への応用に焦点を当てています。

顧客インタビュー

Prof. Jérôme Faist

« 電流および電圧入力を備えたMFLIは、輸送測定に最適です。 »

Jérôme Faist - ETHチューリッヒの量子エレクトロニクス研究所の所長。ジェロームは、量子カスケードレーザーの発明において中心的な役割を果たしました。

顧客インタビュー

Ying He

« MFLIは、ロックインアンプをはるかに超えています。MFLIに付属するテストおよび測定ツールは、ゲームチェンジャーです。 »

Ying He - 中国のハルビン工業大学の波長可変レーザー技術に関する国家重点実験室の博士課程の学生。彼は新しい微量ガス検出技術を研究しています。

顧客インタビュー

Behraad Bahreini

« 元のアプリケーションを超える柔軟性を提供する高性能インストルメンテーションが好きです。 »

Behraad Bahreyni - カナダのバンクーバーにあるサイモンフレイザー大学のインテリジェントセンシング研究所の責任者。

顧客インタビュー

Qi Chen

« HF2LIのLabOneグラフィカルユーザーインターフェイスにより、学生は信号処理のプロセス全体を簡単に理解できます。 »

Qi Chen - 中国科学院の蘇州ナノテクノロジーおよびナノバイオニクス研究所(SINANO)で働いています。彼の研究は、エネルギーナノデバイスの走査型プローブ顕微鏡法に焦点を当てています。

顧客インタビュー

David Albertini

« 明らかなことは、デュアル周波数共振トラッキングPFMなどのモードの場合、HF2LIは正確であり、ノイズが非常に低く、最大のパフォーマンスを発揮することを特徴としています。 »

David Albertini - Institut des Nanotechnologies de Lyon(INL)およびInstitut National desSciencesAppliquées(INSA)リヨンの研究エンジニア。

従業員の面接

Paolo Navaretti

« その時、この会社はお客様を大切にし、その価値観は私自身の価値観と一致していることに気づきました。 »

Paolo Navaretti - ロックインアンプチームを率いるアプリケーションサイエンティストおよびSHFQAクォンタムアナライザーのプロダクトマネージャー

従業員の面接

Dragan Lesic

« ユーザーが経験している問題を認識し、最新のブラウザーテクノロジーのおかげでそれらを解決できると、やりがいを感じます。 »

Dragan Lesic - LabOneUIのフロントエンド開発を担当するシニアソフトウェアエンジニア

従業員の面接

Florian Haupt

« 当社の製品が物理学の研究を可能にし、ロックインアンプの設計のおかげで私が苦しんでいた制限が大幅に取り除かれたことを知ることはやりがいがあります。 »

Florian Haupt - RF技術に焦点を当てたハードウェア設計エンジニア

従業員の面接

Marjorie Sombray

« ウェブサイトを見て会社の価値観を読んだとき、科学的な経歴がなくても、この会社で働きたいと思っていました。 »

Marjorie Sombray - イベント主催者およびショーや会議に参加する営業チームの代表者の主な連絡先

アプリケーション

量子技術

光学&フォトニクス

インピーダンス測定

走査型プローブ顕微鏡法

ナノテクノロジーと材料科学

センサー

この研究分野は、有用な量子コンピューターまたは安全な実世界の量子ネットワークを構築するために働く人々に絶えず新しい挑戦をもたらします。超伝導キュービットまたはスピンキュービットのどちらを使用する場合でも、システムがより大きなサイズにスケールアップするときに、システムを制御およびアドレス指定するためのハードウェアとソフトウェアを提供します。

光学およびフォトニクスの測定技術は、さまざまな長さと時間スケールで物理システムを研究するための強力な戦略を提供します。当社のロックインアンプ、フェーズロックループ、ボックスカーアベレージャー、およびそれらの豊富な機能セットは、セットアップをシンプルに保ち、時間を節約し、高品質のデータ収集につながるように設計されています。

新しい材料またはデバイスのインピーダンスを特性評価するには、インピーダンスを正確に、迅速に、広い周波数範囲で測定できる機器が必要です。センサーの特性評価、誘電体、半導体の特性評価、生体インピーダンスの4つの主要領域をカバーする測定機能を提供します。

走査型プローブ顕微鏡法における計測の課題に焦点を当て、時間領域および周波数領域のデータ分析を実行して、ニーズに適応するさまざまなモードと統合の可能性を備えた複雑なチップサンプルの相互作用をキャプチャおよび制御できるように支援します。

当社のロックインアンプとフィールドアップグレード可能なオプションにより、静的および動的測定の同時測定を含む高速で低ノイズのデータ収集と機能のおかげで、小規模で材料特性を研究できます。

変化する環境に対応するセンサーの特性評価と制御を行うために、単一の機器内で時間領域と周波数領域の測定とフィードバック制御ループ用のツールセットを提供しています

Meet us at

お問合せください