Skip to main content
Search
Zurich Instruments MF MOD AM/FM Modulation

の主な特長

  • 振幅変調(AM)と復調(同時)
  • 周波数変調(FM)と復調(同時)
  • 各周波数コンポーネント用調整フィルタ設定
  • 側波帯分離(シングルサイド変調)
  • 高調波側波帯と複数キャリア周波数分析

値段

CHF 1 540.–

Any questions? Contact us Contact us for pricing information

AM/FM変調オプションにより最大3つの発振周波数を組み合わせた位相コヒーレント線形を発生させることができます。振幅変調(AM)、周波変調(FM)を含む様々な異なる変調スキームから高次の側波帯を直接測定することはLabOne®ユーザーインターフェースで簡単に設定することができます。タンデム復調のような通常の2重復調スキームとは違って、複数の機器は必要なく、最大可能復調帯域幅による変調周波数の制限はありません。

MF-MODユーザーの利点

  • バイモーダル、マルチモーダル測定、中間信号無変換の用途に1つの筐体でのソリューション
  • 簡単な設定
  • タンデム復調では不可能だったが、3つの位相コヒーレント周波数構成要素のためX,Y,RとΘを同時取得可能
  • 変調周波数は最大復調バンド幅、タンデム復調による制限無し
  • MF-PIDオプションとの一致性と外部参照によりキャリア、変調周波数は高性能PLLや外部ソースから取得
  • 上下側波帯から信号を識別可能

MF-MODアップグレードと互換性

  • 対象領域のみアップグレードすることが可能、ハードウェアの変更必要無し
  • MF-MDマルチ復調オプション機能が必要となります
  • その他の全のMF LIA、MFIAオプションと互換性があります
Contact us