HF2CA電流増幅アンプ

HF2CA電流増幅アンプは、100 MHzまでの広い周波数帯域で動作し、2つの差動入力電流を差動出力電圧に変換します。この機器は計測セットアップ近くに配置する便利なアクティブプローブです。例えば、高周波数で測定しなければいけない電極と電解質間の高い静電容量等を測定する誘導体インピーダンス分光など、高静電容量負荷のアプリケーションをサポートします。HF2CA専用設計は、全周波数範囲において安定性と円滑な動作を保証します。

HF2CAは、電力供給とリモートコントロールの両方をシングルコネクタでHF2シリーズに理想的に接続することができ、また、全HF2製品にある同じグラフィカルユーザインタフェースで制御できます。

HF2CAの主な特長

  • 高静電容量のソースのため100 MHz広範囲測定帯域
  • 高静電容量のソースのため100 MHz広範囲測定帯域
  • 正確なソースマッチングのための可変入力インピーダンス
  • 正確なソースマッチングのための多様な入力インピーダンス
  • 信号品位向上するための差動入力
  • 超低ノイズと低入力リーク電流
  • HF2製品専用インターフェース(PCへの直接接続なし)

HF2CA資料等

HF2CAと互換性のある機器

HF2CAアプリケーション

  • 電気インピーダンス分光法
  • 誘導体インピーダンス分光法
  • 電導度検出
  • キャピラリーイオン解析

HF2CA機能系統図

差動入力、差動出力

このアンプは、2つの異なる入力と2つのシングルエンド出力コネクタを特長としています。これにより、差動やシングルエンド入力信号の増幅が可能となりますが、両方のアプリケーションパスを1つの差動出力信号に組み合わせることもできます。シグナルエンド操作の場合、ナビゲート入力コネクタが、内部的にアンプグランドに切り替えられるか、アプリケーションが提供する外部グランドに切り替えられます。これにより、大規模なコモンモード範囲でアンプを使用することができるようになります。

JFET入力アンプ

HF2CAは、広範な周波数範囲に対し、超低ノイズを提供するJFET入力アンプに基づいています。さらに、通常2 pAの超低入力バイアス電流により、小さな信号振幅での精密な電流測定が可能となります。

HF2シリーズへのシングルコネクタ

HF2CAは、電力供給とリモートコントロールの両方をシングルコネクタでHF2機器類に理想的に接続することができます。HF2CAが接続されるとHF2シリーズの機器が自動的に検出し、グラフィカルユーザーフェースからすべての設定を制御することができるようになります。

設定

構成可能な設定には、入力インピーダンス(R1、R2)、出力電力ゲイン(G)、差動入力操作(シングル/差動)のスイッチ、50/60 Hzノイズ伝播を防止するDCカップリングスイッチが含まれます。

HF2CA仕様

周波数応答
周波数範囲(3 dBカットオフ) DC~100 MHz(R1、R2設定により異なる)
ACカップリングを用いた周波数範囲 100 Hz~100 MHz(R1、R2設定により異なる)
小信号帯域幅(0.1 Vpp) 100 MHz
大信号帯域幅(1 Vpp) 40 MHz
入力
入力ノイズ電圧(10 kHz) 7 nV/√Hz
入力ノイズ電流 R1、R2設定により異なる
入力リーク電流 2 pA
入力キャパシタンス 30 pF
入力インピーダンス(R1、R2) 10 V/A~1 MV/A
入力電流範囲 R1、R2設定により異なる
コモンモード電圧範囲 -10 V~7.5 V
ゲイン
ゲイン電流 ±0.1% (G=1)
最大オフセット 1 mV
出力電圧ゲイン(G) G=1またはG=10

電話 +41 44 515 04 10 (英語) +81 (0)3 3356 1064 (オプトサイエンス)(日本語) または下記よりメッセージをお送りください

To help with your request and to comply with data protection legislation we will need to confirm that you agree for us to collect and use your personal data:

See here for details of the data that we hold on our customers and what we do with it. If you have any questions please contact privacy@zhinst.com