メインコンテンツに移動
Search

主な特長

  • 600 MHz周波数帯域
  • 2つの独立したロックインユニット
  • 2つの高性能信号発生器
  • ロックインユニットあたり4つの独立した高調波測定
  • 64 kサンプル長の高分解能12ビットオシロスコープ
  • 周波数応答アナライザ (FRA)
  • FFTスペクトラムアナライザ
  • LabOne®ツールセット

価格

価格はチューリッヒ工場引き渡し価格で選択した地域のみで有効です。

ご質問はございませんか?ご連絡ください
価格についてはお問合せ下さい

ソフトウェアの ダウンロード
  • UHF-DIG

    UHF-DIGデジタイザ

    主な特長

    • 2系統の信号入力、12ビット、1.8 GSa/s
    • チャンネルあたり128 MSaメモリ
    • FFT機能付きデュアルトレース・オシロスコープ
    • セグメント化されたメモリ、最大32、768枚のオシロスコープの静止画
    • 高速連続データ・ストリーミング
    • 追加のトリガ入出力によるハードウェアトリガエンジン
    • 追加チャンネル:ボックスカー、復調器、演算ユニット、PIDデータ
    • ユーザーインターフェースとAPIレベルでの全LabOne®統合

    UHF-MF

    UHF-MFマルチ周波数

    主な特長

    • 6つの追加発振器
    • すべての復調器(とボックスカー)への自由な発振器の選択
    • 全8復調器に任意の周波数を選択
    • 8系統までの正弦波信号を組み合わせたアダーを出力

    UHF-MOD

    UHF-MOD AM/FM変調

    主な特長

    • 2つの独立したAM/FM変調ユニット、各ユニットに3つの周波数コンポーネント
    • 振幅変調(AM)と復調(同時)
    • 周波数変調(FM)と復調(同時)
    • 各周波数コンポーネント用調整フィルタ設定
    • デュアル変調器(信号出力)設定
    • 高調波側波帯解析(2側波帯)
    • 側波帯の分離(シングルサイド変調)

    UHF-PID

    UHF-PIDクアッドPID/PLLコントローラ

    主な特長

    • 4つの独立PIDコントローラ
    • マルチプルDUTモデル、転送機能、ステップ機能モデリングを持つPIDアドバイザによる、調整可能なターゲット帯域幅の達成
    • 様々なパラメータと帯域幅の調節による、自動調性PIDが行う平均PID誤差の自動的な最小化
    • 最大300 kHzまでのループフィルタ帯域幅での高速作動
    • 入力パラメータ:復調データ、AUX入力、AUX出力および演算ユニット
    • 出力パラメータ:出力アンプ、発振器周波数、復調器位相、AUX出力、信号出力オフセット
    • 復調器Θデータ(± 64 π)の位相接続、例:光学フェーズロックループ用
    • 微分分岐用ローパスフィルタ

    UHF-BOX

    UHF-BOXボックスカーアベレージャ

    主な特長

    • 2つのボックスカーユニット
    • 600 MHz反復レート
    • ベースライン抑制
    • ゼロ収集不感時間
    • 2つの周期波形アナライザ
    • 512ラインの高調波アナライザ
    • ボックスカーのグラフィカル設定と基準値ウインドウ

    UHF-RUB

    UHF-RUBルビジウム原子時計

    主な特長

    • 原子参照による高周波数の正確性
    • 優れた温度安定
    • 優れた経年変化特性
    • 最小の位相ノイズ
    • 長期間の再現性

    UHF-CNT

    UHF-CNT パルスカウンタ

    主な特長

    • 4 カウンタモジュール
    • 225 MHz 最大カウントレート
    • 5 モード:マニュアル、トリガ、フリーラン、ゲート、パルスタグ付け
    • レベルアジャスタブル弁別器を持つ、4シグナル入力
    • 2カウンタモードによるバックグラウンド減算
    • カウンタデータのアナログ出力
  • UHFLI + UHF-PID

    PIDs for 600 MHz Lock-in Amplifier

    主な特長

    • 4 independent PID controllers
    • PID Advisor (for adjustment of target bandwidth)
    • Auto Tune PID (for minimization of average PID error signal)
    • High-speed operation with up to 300 kHz loop filter bandwidth
    • Input parameters including demodulator data, auxiliary inputs, auxiliary outputs, and Arithmetic Unit
    • Output parameters including output amplitudes, oscillator frequencies, demodulator phase, auxiliary outputs, and signal output offsets
    • Phase unwrap for demodulator phase data (± 1024 π), e.g. for optical PLLs
    • Low-pass filter for derivative branch

    UHFLI + UHF-PID

    600 MHz Phase-Locked Loop

    主な特長

    • 4 independent PID controllers
    • PID Advisor (for adjustment of target bandwidth)
    • Auto Tune PID (for minimization of average PID error signal)
    • High-speed operation with up to 300 kHz loop filter bandwidth
    • Input parameters including demodulator data, auxiliary inputs, auxiliary outputs, and Arithmetic Unit
    • Output parameters including output amplitudes, oscillator frequencies, demodulator phase, auxiliary outputs, and signal output offsets
    • Phase unwrap for demodulator phase data (± 1024 π), e.g. for optical PLLs
    • Low-pass filter for derivative branch
お問い合わせ