信号合成

強度変調

多くのAWGアプリケーションでは、正弦波が、特定のパルス形状を持つようにすることを要求します。
UHF-AWGは、キャリアと包洛線を独立に制御できる強度変調を特長としています。
内部発振器は、長いパルスシーケンス中の位相コヒーレンスを確実にし、AWGエンジンにより、独立に包洛線を持つ信号を形成します。UHF-AWGとUHFLI ロックインアンプの組合せにより、パルスモジュレーションと高速デモジュレーションを1台の機器内に実現します。現在までのところ、パルス位相コヒーレント測定向けの、このような、パワフルなソリューションは、マーケットでもユニークな存在です。

次のダイヤグラムは、出力信号生成の可能性を示します。UHF-AWGの基本バージョンは、信号出力毎に、1つの発振器から、ダイレクト出力及び強度変調出力を選択します。
UHF-MF マルチ周波数オプションをアップグレードで追加すると、各チャンネル毎に4台の発振器を使用可能になります。なおその上に、UHF-MFの出力足し合せ機能は、2つのAWGと純粋な発振器信号を統合して、1つの信号出力に出力するといった可能性も提供します。
複数の発振器信号は、同時に足し合わされ、変調されるのみならず、またパルス間での高速発振器切換えによる順次出力も可能です。
このユニークな特長は、パルスレーザ分光や、NEMS / MEMSなどに威力を発揮する、マルチ周波数を可能にします。

同期動作

内部発振器は、AWGの精密なパルス繰返し数をコントロールする、AWGのトリガとして機能します。
次に、2つの発振器をタイムベースとした、信号発生を図示します。
発振器1はキャリアを、発振器2は、パルス繰返し数をコントロールしています。

UHF-AWGとUHFLI ロックインアンプの組合せにおいては、全ての発振器は、外部信号源に対してフェーズロックでき、また逆に、参照信号を出力チャンネルに出力することもできます。
このユニークな特長は、レーザ、スキャナ、レーダ、NMR機器といった、外部機器と併せて使用する際に、可能性が広がります。

変調、トリガ、ユーザレジスタ機能を伴う、信号パラメータを設定する豊富な方法は、他のAWGと比べて比類なきものです。高速コミュニケーションプロトコルでのAWGメモリ書換えが長々しいプロセスとしても、時間の節約になります。

チャンネル追加

追加のチャンネルや、高い電圧がひつようとなるアプリケーションでは、UHF-AWGは、補助出力に信号を出力できます。AWGの1.8GSa/sの高速リソースは振り分けられるため、4チャンネルの独立した信号は、28MSa/s、16bit分解能で、±10V出力となります。これは、パルス実験における、NMR傾斜コイル駆動には理想的です。

電話 +41 44 515 04 10 (英語) +81 (0)3 3356 1064 (オプトサイエンス)(日本語) または下記よりメッセージをお送りください

To help with your request and to comply with data protection legislation we will need to confirm that you agree for us to collect and use your personal data:

See here for details of the data that we hold on our customers and what we do with it. If you have any questions please contact privacy@zhinst.com