UHFAWGのよくある質問

How does programming the UHF-AWG differ from programming other AWGs?
The LabOne AWG Sequencer allows you to work in a high-level language derived from C that is natural to read and write in, rather than having to pile up the sequence as a table of machine instructions as you would do with most AWGs. The LabOne language comes with waveform generation tools and thus lets you define the waveforms together with the sequence, rather than having to split this task out into a separate waveform generation tool or even third-party software like MATLAB®. Editor features like code completion and debugging messages allows new users to program quickly and easily.
How can I benefit from the UHF-AWG's amplitude modulation feature?
It reduces the need for time-consuming waveform uploads, and it simplifies operation when using signals with a sinusoidal carrier. This is because amplitude modulation makes the carrier independent of the programmed waveform. The carrier parameters (frequency, phase, amplitude, offset) are then adjustable with few mouse clicks.
How can I benefit from the UHF-AWG's user registers?
They increase the flexibility in pattern generation. User registers can be used as delays, as an index to select a certain waveform, or to output DIO values. You can change them manually from the user interface, or perform a sweep.
Does the UHF-AWG support sequence branching?
Yes. To include a sequence branch, use an "if" statement in the LabOne sequence program
What kind of waveforms can I generate with the LabOne AWG Sequencer?
Common waveforms (Blackman, Gauss, chirp, sine, square, sinc, DRAG, and more) can be generated right away. You can also add, multiply, cut/concatenate, and scale waveforms, and make use of loop iterations to generate systematic series of waveforms. External waveforms based on CSV files are easily imported.
What is the purpose of the Signal Input connectors?
The UHF Arbitrary Waveform Generator comes with a built-in Oscilloscope to visualize the generated signal. Additional advanced signal detection functionalities, such as demodulation, pulse counting, and boxcar detection, can be added in the form of upgrade options depending on the application requirements.
AUX出力コネクタの目的は?
AUX出力コネクタは、ユーザーに低速レートでの4つの任意波形の出力を可能にするUHFAWGの4チャンネルモードをサポートします。また、機器に検出オプションがインストールされている場合、アナログデータ出力としての機能も果たします。最後に、AUX出力コネクタは、多目的の直接電圧出力(±10 V、16ビット、100 mA)です。
UHF-AWGにはいくつマーカーチャンネルがありますか?またどこにありますか?
合計4つあり、2つのBNC出力は機器のフロントパネル、2つのSMA出力はバックパネルにあります。
AWGは、振幅変調(AM)、周波数変調(FM)、位相変調(PM)、両側波帯偏重(DSB)をサポートしていますか?
UHF-AWGが届いてからすぐに、AMをサポートします。UHF-MFマルチ周波数オプションにより、内部に追加された2つの直交チャンネルに基づいて直交変調を可能にします。この技術を使用し、任意変調スキームによって、FM、PMまたはDSBを含め実現することができます。
UHF-AWGオプションをUHF-MOD AM/FM変調オプションに交換することはできますか?
完全にはできません。UHF-MODとは異なり、UHF-AWGオプションではAM/FM変調を行うことができません。AWGは、振幅変調信号を生成することができますが、正弦波変調に関しては、UHF-AWGよりもUHF-MODオプションのほうが適しているでしょう。UHF-MODオプションは、位相同期の追加や外部参照や高調波に対しロックされたを周波数含めた周波数の減算を可能にします。 
UHF-AWGオプションがインストールされている場合、UHFLIロックインアンプと併用することで変化はありますか?
ロックイン検出は、インストールされているUHF-AWGのに影響を及ぼすことはありませんが、2つを併用することができないため、ロックイン正弦波生成器がUHF-AWGとして同じ信号出力を使用します。一方、UHF-AWG信号は簡単にフェーズロックからロックインアンプの参照にすることができます。
どのようにUHF-AWGとUHFLIのロックインアンプユニットをフェーズロックすることができますか?
共通の内部参照発振器を使用して同期することにより、UHF-AWGをロックインアンプにフェーズロックすることができます。これには2つの方法があります。1つは、振幅変調モードでAWGキャリア信号を発振器信号を使用する方法で、もう1つは、ロックイン周波数を用いてAWG反復レートを同期し、発振器位相によってAWGをトリガする方法です。
どのようにUHF-AWGとUHF-BOXボックスカーアベレージャをフェーズロックすることができますか?
共通の内部参照発振器を使用して同期することにより、AWGをUHF-BOXボックスカーアベレージャにフェーズロックすることができます。そのように、ボックスカーアベレージャ周波数を用いてUHF-AWG反復レートを同期し、発振器位相によってUHF-AWGをトリガすることができます。
既に持っている制御ソフトウェアとAWGを統合することはできますか?
カスタムMATLAB®、LabVIEW®、PythonまたはCソフトウェアを信頼している場合、LabOne APIを使用して簡単に統合を行えます。LabOneのグラフィカルなユーザーインターフェースは、コマンドログ機能を通じた規定の機器設定に対する正確なAPIコマンドの検索に役立ちます。
どのような形態のUHF任意波形生成器を購入することができますか?
UHFAWG任意波形生成器の機器、またはUHFLIロックインアンプ用のアップグレードオプションのUHF-AWGとして、2つの形態から購入することができます。このオプションのUHF-AWGは、UHFLIと一緒に購入したり、後で追加することもできます。
UHF任意波形生成器のハードウェアは、UHFLIロックインアンプのハードウェアとは異なりますか?
フロントパネル以外ハードウェアは同じです。
UHF-AWGの操作にコンピュータは必要ですか?
はい。この機器は、USBまたは1GbE経由でコンピュータに接続して使用します。コンピュータが波形やシーケンスデータをAWGにアップロードします。AWGが開始すると、自立的に信号を生成するため、その後は完全にコンピュータに依存することはありません。
ソフトウェアのインストール方法や更新方法は?
LabOneのソフトウェアは、定期的に更新状況が公開されており、当社のダウンロードセンターから自由にダウンロードしていただけます。LabOneインストーラには、機器のファームウェアを更新するユーティリティも含まれています。
AWGは、どのように関数発生器と比較しますか?
UHF-AWGは、すべての出力信号のサンプルに対するコントロールを提供します。信号の形状に正確なコントロールが必要な場合や複雑なパルスのシーケンスが必要な場合には、これが適切ツールとなります。関数発生器は、のこぎり波やパルスバーストなどのような標準信号の生成に最適です。最適な理由は、インターフェースがより簡単に作られおり、その技術によって周波数が変化する時間における波形の拡大・縮小が可能になるためです。
UHF-AWGは、DDSモードをサポートしていますか?
いいえ。
UHF-AWGを別のベンダーのAWGと同期することはできますか?
UHF-AWGは、2台の機器の信号生成を同期化するための標準トリガ入力と出力機能を備えています。 
チャンネルが2つ以上必要です。複数のUHF-AWG機器に同期することはできますか?
後にリリースされるLabOneで、自動タイミング同期化を利用することができます。これにより、機器全般にわたる信号の同期化が非常に簡単になります。
UHF-AWGと内蔵スコープ(UHF-DIGデジタイザオプションを含む)を同時に使用する際に制限はありますか?
2つを同時に使用する場合、両方の最大サンプリングレートが下がります。450 MSa/s以上でスコープとAWGの同時デュアルチャンネル操作が必要な場合、別のスコープまたはデジタイザの使用をお勧めします。
AWGに性能の制限はありますか?
全速力(1.8 GSa/s時での2チャンネル)で作業を行う場合、1つで再生可能な波形の長さが32kサンプルに制限されます。従って、全速力で長いパターンを再生する場合、シーケンスや波形メモリの最適化が必要となります。

電話 +41 44 515 04 10 (英語) +81 (0)3 3356 1064 (オプトサイエンス)(日本語) または下記よりメッセージをお送りください

To help with your request and to comply with data protection legislation we will need to confirm that you agree for us to collect and use your personal data:

See here for details of the data that we hold on our customers and what we do with it. If you have any questions please contact privacy@zhinst.com