MF-MD マルチ復調オプション

マルチ復調オプションは、MFLIに拡張できます。

  • 3つの追加復調器、合計4つ。
  • 3つの追加発振器、合計4つ。
  • 1つの追加外部参照PLL、合計2つ。

例えば、4つのプローブ計測や最大4周波数のデータを同時に信号から抽出できます。各復調器の入力とフィルタは、完全に独立しています。

MFLI機器を併用して、このアップグレードにより、多くのアプリケーションに必要な電流入力と電圧入力の同時測定が可能になります。さらに、高調波を含む最大4つの任意周波数のデータを同時に信号から抽出できます。各復調器の入力とフィルタ設定は、完全に独立して設定することができます。

MF-IAオプションまたはMFIA機器を併用して、このオプションにより機器に第2インピーダンス測定ユニットを追加し、ユーザーが2つの周波数で同時にDUTを精査することができるようになります。定期的に複数の周波数で測定を行う必要がある場合には、この機能によって設定を簡略化し、最高2つの要素による測定を迅速化することができます。

以下の表は、MF-MDオプションやMF-IAオプションの影響を受ける主な機能に関する簡単な概要です。 

特長 MFLI MFIA,
MFLI + MF-IA
MFLI + MF-MD MFIA + MF-MD
電流入力と電圧入力の同時復調 -
発振器数 1 1 4 4
復調器数 1 2 4 4
インピーダンスユニット数 0 1 0 2
外部参照数 1 1 2 2

記載されている機能は、周波数範囲や機器にインストールされたその他のオプションから独立したものです。

電話 +41 44 515 04 10 (英語) +81 (0)3 3356 1064 (オプトサイエンス)(日本語) または下記よりメッセージをお送りください

To help with your request and to comply with data protection legislation we will need to confirm that you agree for us to collect and use your personal data:

See here for details of the data that we hold on our customers and what we do with it. If you have any questions please contact privacy@zhinst.com