HDAWG-MF 多周波数

HDAWG-MF オプションにより、発振器の数が増え、 HDAWG 多チャンネル AWG の振幅変調機能が強化されます。多周波数オプションでは、高速波形アップロードおよび搬送波周波数の柔軟微調整の向上によるメリットがあります。このメリットは、さまざまな重畳搬送波周波数が必要な用途で特に役立ちます。

HDAWG-MF 主な特長

  • AWG チャンネルペアごとに、1基ではなく、4基のデジタル発振器 1
  • 高度変調、デジタル I/Q、位相、振幅、周波数用に出力加算器
  • 最大 750 Mhz まで個別周波数
  • 1つのチャンネル上で個別搬送波向けの独立円ベロプ: 位相サイクリング、周波数ドメインマルチプレキシング

HDAWG-MF アップグレードと互換性

  • オプションは現場でアップグレード可能
  • 他のすべての HDAWG オプションに対応

HDAWG-MF 用途

  • 捕捉イオン量子計算
  • 周波数可変 RADAR / LIDAR
  • NMR および EPR 分光器

HDAWG-MF 機能図

HDAWG-MF 概要

HDAWG-MF オプションを加えるkとで、チャンネルペアごとに4つの独立搬送波周波数が生成され、 Zurich Instruments HDAWG 任意波形発生器 のデジタル変調機能と組み合わせて使用可能になります。

この機能では、波形アップロード時間を短縮し、周波数を早く変更しなければならない状況で、より柔軟に多周波数用途に対応します。波形メモリにプログラミングするのではなく、デジタル発振器を使用して、搬送波を生成させるため、周波数をメモリの再プログラミングなしで高速に変更できることになります。その結果、パルスエンベロープを長パターンで複数回使用でき、エンベロープ信号をNMRなどの狭帯域使用の搬送波より、かなり低いサンプリングレートで生成できます。 

このオプションには、チャンネルペアごとに3基の追加発振器と発振器セレクタが付き、発振器のいずれでも AWG エンベロープ信号に柔軟に接続できます。出力加算器により、HDAWG-MF では、所定チャンネルペア(モデル変型によって異なるが合計4~8波長出力)の2つの波長出力上の全変調信号の自由線形組み合わせが鹿野になります。デジタル変調モードにより、全4つの搬送波のエンベロープ信号は、個別プログラミングが可能になります。その結果、AWG チャンネルのサンプルのインターリーブが実現します。エンベロープのインターリーブがあっても、搬送波は 2.4 GSa/s 機器のサンプリングレートで生成されます。

このオプションがない場合、1基の発振器が、関連する2つの波長出力に常時接続されます。この設定は、外部周波数アップ変換に対して I/Q 信号ペアを生成するのに適しています。オプション設定ではいずれも、通常の出力モードでサンプルごとの波形プログラミングを使用して、任意周波数が多い信号を生成できます。

HDAWG-MF Q & A

デジタル発信機とは何ですか?
ダイレクト デジタル シンセシス (DDS) テクノロジによるデジタル正弦波発生器です。この周波数は、機器の高分解能のフラクショナル多重クロック周波数です。
デジタル発振器を使用して、波形アップロード時間をいつ、どのように短縮できるのでしょうか?
生成される信号には、正弦波成分が含まれ、デジタル発振器を使用すると、波形アップロード時間が大幅に短縮できます。例えば、次のような場合に使用します。
  • エンベロープの繰り返し期間では搬送波信号が測定不能な場合
  • 測定不能な期間のある搬送波が複数ある場合
  • 搬送波周波数または位相の調節が必要な回数が多い場合
  • 信号に長いバーストが含まれている場合

上記のような場合、LabOne AWG シーケンサーは、以下の方法により、波形メモリ数を最小に抑えるツールの働きをします。

  • 1つまたは数個のエンベロープ波形を繰り返し使用する
  • エンベロープ信号のサンプリングレートを下げる
  • 発振器周波数または位相の高速かつ簡易な変動に対応できるような波形アップロードを避ける
デジタル I/Q 変調とは何ですか?
デジタル変調は、以下のデジタル信号の組み合わせを実現します。
I(t) cos(ωt) - Q(t) sin(ωt)
ここで、I(t) と Q(t) とは、AWGが生成した波形信号で、cos(ωt) と sin(ωt) は、角周波数 ω で作動するデジタル発振器が生成する信号です。デジタル I/Q 変調では、時間経過による搬送波の振幅および位相の完全管理が可能です。
デジタル I/Q 変調では、FM、AM、PM、PSK, QPSK、およびその他変調スキームの実現は可能ですか?
はい。これらの変調スキームのすべてには、搬送波の振幅と位相の部分制御、あるいは同じように位相内 (I) および直角位相 (Q) 成分が必要です。AWG とは波形の定義が別の直角位相それぞれでのデジタル I/Q 変調では、完全自由にどのアナログ (FM、AM、PM)、またはデジタル (PSK, QPSK.,...) 変調技法を、D/A 変換ステージの広帯域内で実現できます。
発振器周波数を LabOne AWG シーケンサーから変更できますか?
はい。本機器上のシーケンサーは、低レーテンシー (< 100 ns) および決定的タイミングで、周波数を変更することができます。

電話 +41 44 515 04 10 (英語) +81 (0)3 3356 1064 (オプトサイエンス)(日本語) または下記よりメッセージをお送りください

To help with your request and to comply with data protection legislation we will need to confirm that you agree for us to collect and use your personal data:

See here for details of the data that we hold on our customers and what we do with it. If you have any questions please contact privacy@zhinst.com