メインコンテンツに移動
Search

ロックインアンプ

ロックインアンプは、光学やフォトニクスナノテクノロジーや材料科学、 量子技術、 走査型プローブ顕微鏡センシングといった分野の研究に欠かせない技術です。 ノイズの中に埋もれた非常に小さな信号を取り出すことができるため、実験装置の能力を広げ、新しい科学の発見に貢献します。 ロックインアンプによる動作原理は、復調や位相敏感検出と呼ばれ、測定信号と参照周波数をミキシングした後、ローパスフィルタリングを行います

測定信号の変調周波数を適切に選択することで、測定対象の信号をDCに近い信号に変換し、測定対象より大きなノイズ源から取り出すことができます。 さらにフィルタパラメータを正しく選択することにより、信号対雑音比(SN比)をさらに改善することができます。

ロックイン検出の詳細については下のホワイトペーパーやビデオで解説しています。

ホワイトペーパーのダウンロードはこちらから

MFLI 500 kHz / 5MHzロックインアンプ

HF2LI 50MHzロックインアンプ

UHFLI 600MHzロックインアンプ

  • DC - 500 kHz / 5 MHz, 60 MSa/s, 16 bits
  • 電流及び差動電圧入力
  • 組み込みLabOne® WebサーバーにPlug & Playで接続
  • DC - 50 MHz, 210 MSa/s, 14 bits
  • 2個の独立したロックインユニット, 2個の差動電圧入力
  • 1個のロックインユニットに対して3個の独立した高調波測定
  • DC - 600 MHz, 1.8 GSa/s, 12 bits
  • 2個の独立したロックインユニット, 2個の電圧入力
  • 1個のロックインユニットに対して4個の独立した高調波測定

LabOne機器制御ソフトウェア

すべてのZurich Instruments社製品は、 LabOne コントロールソフトウェアから、設定・制御、測定結果表示、記録を行います。LabOne®は、オシロスコープ、リアルタイム・データ・プロッタ、DAQモジュール、スペクトラムアナライザ、パラメータスイーパにより時間および周波数ドメインの信号分析ツールを提供します。また、アップグレードオプションとして、ロックインアンプの機能を拡張するフェーズロックループ、PIDコントローラ、マルチ復調・マルチ周波数拡張機能、ボックスカーアベレージャ、任意波形発生器があります。 これらのオプションは、FPGAを搭載したデジタル信号処理ユニットに組み込まれているため、機器を工場に送り返すことなくアップグレード可能です。

LabOne20.01の線形フィット

テスト&メジャメントニュースレターに興味はありませんか?

ニュースレターに登録

ビデオ

Principles of lock-in detection

Principles of Lock-in Detection

ビデオ

Low-pass filter settings done right

Low-pass filter settings done right

6 tips to improve your lock-in measurements

6 tips to improve your lock-in measurements

お問い合わせはこちらから

アプリケーションについてのご質問はこちらから 計測器を選択してください
お問い合わせ