メインコンテンツに移動
Search

LabOne すべてをひとつに

LabOne で 制御と解析

LabOne®の名称は、ラボで必要とされる機器をブラウザベースで使用できるよう、一つにまとめることから来ています。オシロスコープやスペクトラムアナライザといった時間ドメイン・周波数ドメイン分析のためのツールセットや、PID・PLLの制御ループ設定、ノイズ測定の実行、制御ループの設定、ノイズ測定の実行、測定データの解釈のための高度なサポートが利用できます。 また、LabView™やMATLAB®といったポピュラーなプログラミング言語へのインターフェースも利用できます。

LabOne ハイライト で、LabOneによる様々な測定の事例をご覧ください。なぜLabOne?ページ では、チューリッヒインスツルメンツがLabOneを開発した理由を紹介しています 。

LabOneは日々進化しています。旧バージョンをお使いの方は、最新版にアップデートをお願いします。

LabOneアップデート

Experience LabOne Logo

強力なユーザインターフェイス

LabOne Screens

LabOneは、機器制御、データキャプチャ、データ分析、およびデータストレージを可能にします。ブロックダイヤグラムは、インターフェイスをさらに直観的にする独自の機能であり、測定のニーズを満たすためにカスタマイズが組み込まれています。

続きを読む

組込みツールセット

LabOne Toolset

高速サンプル(A/Dコンバータからの生サンプル)と低速サンプル(復調後)で動作する時間ドメインおよび周波数ドメインのツールセットからお選びいただけます。

続きを読む

プラットフォームは自由

Platform independence

機器を操作、制御、モニタするためのプラットフォームの選択はあなた次第です。 ブラウザベースの直観的なユーザインターフェイスのおかげで、遠隔測定は研究室にとって現実のものになります。

続きを読む

各種 API

Choice of APIs

LabOneは、最も一般的なプログラミング言語をサポートしています。 レガシーコードは別の言語で記述された新しいソフトウェアと同時に実行でき、機器の設定はサーバーによって一元管理されるため一貫性が保たれます。

続きを読む

LabOne 紹介

LabOne Overview

LabOne クイックスタートガイド

LabOne Quick Start Guide

LabOne 互換性

互換性ページに移動して、現在サポートされているオペレーティングシステムとプログラミング言語のバージョンをご確認ください。

 

お問合せください