オプティカルチョッパー測定

紹介

オプティカルチョッパーと組み合わせてロックインアンプを使用することは、低周波でのロックインアンプ応用で最も一般的です。この話題をもう少し興味深くするため、Jamesが2つの異なるチョッパーを同時に利用する実験を簡単に準備する方法を動画で紹介しています。ラボの貴重な場所を節約し、複雑な準備を避けるには、この動画が大変役立ちます。

アプリケーションビデオ

実験装備

要件

  • 単一検出器の光を変調する単一チョッパー実験には、MFLI 500 kHzが1台必要です
  • 2台の独立した検出器を使用するデュアルチョッパー実験、異なる周波数、MFLI 500 kHz 1台、MF-MDマルチ復調器オプションが必要

ヒントと秘訣

  • 入力範囲を調節
  • 時に、外部参照入力として、フロントパネルのAUX入力の使用が便利
  • 位相をオートゼロに
  • プロッタツールを使用し、内部PPLによってトラッキングするようにチョッパー周波数を表示します。経時-演算サブタブでは、さらなる信号解析のために多数の統計機能を提供します。
  • 調和振動場を調整することにより、復調周波数を高調波だけではなく、チョッパー参照約数に対しても調整が可能であり、複数の溝間隔で同じブレードを使用する際に役立つ
  • 復調帯域幅が復調周波数として同じ範囲に入る場合、SNRを高く保ちながら時間分解能を向上させるために同期フィルタを使用
  • SNRを決定するためにFFTスペクトラムアナライザを使用し、スペクトラムの別のコンポーネントを観察
  • アナログ出力からAUX出力の場合、必要に応じてオフセット、スケーリングファクター、制限を調整

オプティカルチョッパーアプリケーションのためのMFLIの主な特長

  • あらゆるチョッパーモデルに対応
  • 最高のノイズ性能2.5 nV/√[email protected] kHz以上、7 nV/√[email protected] Hz、40 nV/√[email protected] Hz
  • チョッパー参照(TTLまたはアナログ信号)の簡単なロック
  • より高い調波での復調、約数周波数
  • アナログ出力の4つの簡単な設定(プリオフセット、スケーリング、オフセット、制限)
  • LabOneツールセット:スコープ、FFTスペクトラムアナライザ、パラメトリックスイープ、プロッタ等

電話 +41 44 515 04 10 (英語) +81 (0)3 3356 1064 (オプトサイエンス)(日本語) または下記よりメッセージをお送りください

To help with your request and to comply with data protection legislation we will need to confirm that you agree for us to collect and use your personal data:

See here for details of the data that we hold on our customers and what we do with it. If you have any questions please contact privacy@zhinst.com