Skip to main content
Search

UHF-BOX製品のハイライト

1000倍速い計測

デジタル技術を実装したボックスカーアベレージャには、放電する必要がある積分器が存在しないので、データの収集と処理を切れ目なく行うことが可能です。それゆえアナログボックスカーを悩ませた速度の制限はもはやありません。次々と来るパルスの平均を不感時間なしで取ることができ、その反復レートは最大600 MHzです。どの信号パルスも取り逃すことはないので、ある種のアプリケーションでは計測時間の短縮に役立ちます。従来のアナログ機器に比べて最大で1000倍の速さです。ゲートウインドウの粒度はサンプル周波数1.8 GSa/sの逆数で決定されますので、すなわち556 psの倍数となります。

UHFBOX - faster measurements

さらなるアプリケーション - ベースライン抑制

UHFBOX - baseline suppression

2つのボックスカーアベレージャユニットの出力を同時に使ってベースライン抑制(ゲートオフの間の背景雑音をゲートオンの間の計測値から引くこと)での計測、あるいは他の完全差動信号経路解析のような高級計測が可能です。この柔軟性の提供が重要なヘッドルームとなり、通常のアナログボックスカーより多くのアプリケーションをサポートします。

デジタル演算プロセッサ(AU)により、結果が出力される前に、1つのボックスカーの出力結果からもう1方を差し引くことができます。これにより差動信号のリアルタイム収集と潜在的に閉ループ作動が可能になります。他の演算操作も同様にサポートします。

簡便な使い方 - 周期波形アナライザ

計測する信号の周期波形を表示するにはボタンを1回押すだけです。例えば減衰過程の変遷を見る場合等です。パルスの実際の形状は効率的な時間ビンで再構成されますが、それは外部機器を必要としないプロセスです。ユーザーはそれゆえ、新たなサンプリングスコープ追加の必要なしに、ユーザーインタフェース内でボックスカーの設定を快適に行うことができます。周期波形アナライザをご覧ください。

UHFBOX - Periodic waveform analyzer

2つのタイムベースでの計測

UHFBIX - 2 timebases

2つのタイムベースでの実験の例としては、例えば高速パルスレーザーにもっと低速の変調がかかった場合等が挙げられます。従来、このような信号の計測はトリガ点での複雑なスイーピングとデータの後処理が必要でした。マルチチャンネルボックスカーはこの問題をエレガントに解決し、高速タイムベースでの計測結果を低速タイムベースによる時間ビンに関連付けて、リアルタイムでデータのデコンボルーションを実行します。このプロセスはグラフィカルディスプレイの振幅に直ちにフィードバックします。マルチチャンネルボックスカーをご覧ください。

Contact us