Skip to main content
Search

プログラミング体験

High level programming

作業の体験と効率性をともなうAWGは、プログラミング・インターフェースの品質によってすべて異なります。UHF-AWGのインターフェースは、明確、直感的、簡単に読むことのできる形式でハードウェアコントロールを提供することにより迅速な促進を図るプログラミング体験を作るために設計されています。

UHF-AWGコンパイラのインターフェースの中心に位置し、包括的な測定プログラムをマシン語に変換するよう設計されています。暗号に関する低レベルの命令が不要となり、波形のシーケンシングの利点となる簡単なアクセスを提供します。シーケンシングは、波形の転送時間を最小限に抑えたり、動的に変化するディレイを用いてループを設定したり、条件付分岐ポイントを特長とするプレイバックルーティンを構成するために使用することができます。

high-level compiler

LabOne。すべてをひとつに

波形、プレイバックシーケンス、機器設定すべてが出力信号を決定します。そのため、UHF-AWGプログラムにはこれらすべてのエレメントが組み込まれています。広範囲に及ぶ波形の作成や編集ツールが、LabOne AWGプログラミング言語に完全に統合されています。AWGエンジンには、AWGとコントロールPCの間を往復する通信を排除する自動プロトコルを迅速化し、促進するすべての機器設定に対するアクセスがあります。

AWGは、LabOne ユーザーインターフェースに統合:信号検出に対する基本でもある周波数、位相、ディレイ、または振幅などのAWGパラメータは、ロックインやスイーパタブなどのユーザーインターフェースのその他の部分からアクセスが可能です。ツールに関するヒント、用例、コマンドログなど、グラフィカルの利点とプログラミングツールの利点を組み合わせた便利な方法によるパルス測定の設定が役立ちます。

Contact us