Skip to main content
Search
Zurich Instruments UHF-CNT Pulse Counter

の主な特長

  • 4 カウンタモジュール
  • 225 MHz 最大カウントレート
  • 5 モード:マニュアル、トリガ、フリーラン、ゲート、パルスタグ付け
  • レベルアジャスタブル弁別器を持つ、4シグナル入力
  • 2カウンタモードによるバックグラウンド減算
  • カウンタデータのアナログ出力

値段

Any questions? Contact us Contact us for pricing information

UHF-CNT パルスカウンタ は 最大4個までのパルストレインを並列に解析でき、例えば、光電子増倍管(PMT)を用いたフォトン検出のような、イベントに基づく測定を可能にします。

5つの異なる動作モードがあり、各チャンネルはアジャスタブルな弁別器を提供します。最大カウントレートは、225 MHzです。パルスカウンタからの測定結果は、タイムドメイン表示・ヒストグラム表示を主役とするLabOne®ツールセットで便利に解析できます。

クロスドメイントリガエンジンを介して、任意波形ジェネレータ(AWG)において、カウンタ値に基づく分岐条件を定義でき、量子エラー訂正に必要な、超高速フィード・フォワードループを可能にします。

UHF-CNT アップグレードと互換性

  • メーカ返送することなく使用中のままアップグレード可
  • 他のUHFオプションと両立できます。

UHF-CNT パルスカウンタは、ランダムに分布したパルス測定を可能にし、次の5つのモードで操作できます。

  • マニュアルモード:マニュアルのソフトウェア設定により、カウントをスタート/ストップします。
    カウント時間の最後には、カウント値が出力されます。
  • トリガモード:スタート/ストップの信号は、外部トリガソースから与えられます。
  • フリーラニングモード:カウンタは、タイマで設定された時間でのカウントを繰返し行います。 
    カウント時間の最初に、カウンタはリセットされ、時間の終わりに積算されたカウント数が出力されます。
  • ゲートモード:外部からのゲート信号でフリーラニングモードを制御します。

外部信号は、タイマ及びカウンタをリセットします。

  • パルスタグ付けモード:1つのカウントイベント毎に、データが時間タグとともにサーバに送られます。

全てのモードに共通で、バックグラウンド除去が特色となります。これは、2つの別のカウンタの値を考慮して行います。カウンタデータは、1GbEインターフェイス経由で、ホストPCに流し込め、データは、LabOneで解析できます。さらには、カウンタデータは、アナログ信号として4個のどの補助出力にも出力でき、他の機器への信頼性の高いインターフェイスとなります。

UHF 任意波形ジェネレータと組合わせることで、UHF-CNTは、量子光学における、複雑なパルス実験に対して、高度な相互トリガとして機能します。カウンタはUHF-AWGで初期化・リセットされ、一方で、カウンタは、トリガや分岐条件をUHF-AWGに与えることができます。

Contact us