Skip to main content
Search
Zurich Instruments HDAWG-CNT Pulse Counter

の主な特長

  • 4または8カウンターモジュール
  • 300 MHz 最大計数率
  • 4つのモード: 自走、ゲート、ゲート自走および時間タグ
  • 4または8信号入力、調節可能な弁別器レベル対応
  • カンターモジュールを使用したバックグラウンド除去
  • LabOne® ツールセットでカウンター測定を分析

値段

Any questions? Contact us Contact us for pricing information

HDAWG-CNT パルスカウンターは、最大8個のパルス列分析を並行して実施でき、イベントベースの測定、例えば、光電子倍増管を使用した光子検出で最大計数率 300 Mhz が可能になります。操作には明確に4つのモードがあり、各チャンネルは ±10 V のレンジで調節可能な弁別器が搭載されています。時間領域とヒストグラム表示機能が付いたパルスカウンターによる測定結果は、 で分析が可能なため便利です。これらのカウンター値に基づいて、HDAWG 任意波形発生器 のブランチング条件を定義できるため、超高速早送りループで量子エラー修正が可能になります。

HDAWG-CNT アップグレードおよび互換性

  • オプションは現場でアップグレード可能
  • 他のすべての HDAWG オプションに対応

HDAWG-CNT パルスカウンターオプションでは、乱散パルスの測定が可能です。HDAWG の各トリガー入力は、個別カウンター装置に連結され、以下のモードの1つで作動します。

  • 自走モード: カウンターは設定可能なタイマー時間で繰り返し作動します。各期間のはじめは、カウンターはゼロにリセットされ、終了時に、計数の累積数で戻されます。
  • ゲートモード: カウンターは、トリガー入力の1つに適用されるゲート入力信号により制御されます。カウンターは、ゲート信号の上昇エッジからはじまります。終了エッジで、カウンターは停止し、計数の累積数が戻されます。
  • ゲート自走モード: 自走モードと同じですが、トリガー入力の1つでゲート入力信号が追加制御します。カウンターは、ゲート信号が高い場合のみ作動します。ゲート信号が低い場合は、カウンターとタイマーの両方がリセットされます。
  • 時間タグモード: すべてのイベントは個別に記録され、時刻を付けて、ホストコンピュータに転送されます。

すべてのモードはバックグラウンド除去が特長で、2つの個別カウンターからの測定値を考慮されます。時間の経過とともに計数が統合される特長もあります。1GbE または USB 3.0 インターフェイスにより、カウンターデータを LabOne ツールセット を使用して分析可能なホスト PC に伝送されます。

HDAWG 任意波形発生器と組み合わせることで、 HDAWG-CNT には、量子光学で複雑なパルス実験に対応可能な高度クロストリガー機能も特長になります。カウンターはそれぞれ、AWG シーケンス内で初期化およびリセットされ、また逆に、カウンター値は、シーケンス定義の中でトリガーおよびブランチングの役割を持つ場合があります。

Contact us