Skip to main content
Search

の主な特長

  • 2.4 GSa/s、16 ビット、750 MHz 信号帯域
  • 5 Vpp 最大振幅
  • 144 出力チャンネルまで拡張可能
  • 最高チャンネル密度が利用可能
  • 出力遅延のトリガーは 50 ns 以下
  • 複数の周波数でデジタル変調
  • LabOne® AWG シーケンサとコンパイラ

Variants

値段

$26,070

Any questions? Contact us Contact us for pricing information

Zurich Instruments HDAWG 多チャンネル任意波形発生器 (AWG) は、このクラスでは最高のチャンネル密度の利用が可能で、最高 750 Mhz 帯域までの高度信号生成に対応しています。HDAWG には、4または8個の DC カップリング、シングルエンド アナログ出力チャンネルが搭載され、 16ビットの垂直解像度を実現します。出力は、最大帯域と高度ノイズパフォーマンスが可能なダイレクトモードと、信号振幅を最大 5 Vpp まで引き上げる増幅モードとの間で個別切替が可能です。チャンネルごとに2つのマーカーがあるため、16ビットのフル出力解像度が維持しながらも、高精度セットアップ同期化を実現します。

LabOne は、最新プログラミングコンセプトを採用し、使いやすい関数発生器を備えた AWG のパフォーマンスと柔軟性を実現します。プラットフォームが独立した LabOne ユーザーインターフェイス (UI) と LabVIEW®、.NET, MATLAB®、C、および Python 向け API は、既存の制御環境の簡単な測定オートメーションと高速統合を可能にします。

  • HDAWG8-CNT

    HDAWG-CNT パルスカウンター

    の主な特長

    • 4または8カウンターモジュール
    • 300 MHz 最大計数率
    • 4つのモード: 自走、ゲート、ゲート自走および時間タグ
    • 4または8信号入力、調節可能な弁別器レベル対応
    • カンターモジュールを使用したバックグラウンド除去
    • LabOne® ツールセットでカウンター測定を分析

    HDAWG-MF

    HDAWG-MF 多周波数

    の主な特長

    • AWG チャンネルペアごとに、1基ではなく、4基のデジタル発振器 1
    • 最大 750 Mhz まで個別周波数
    • 高度変調、デジタル I/Q、位相、振幅、周波数用に出力加算器
    • 1つのチャンネル上で個別搬送波向けの独立円ベロプ: 位相サイクリング、周波数ドメインマルチプレキシング

    HDAWG-ME

    HDAWG-ME メモリ拡張

    の主な特長

    • 500 MSa/チャンネル波形メモリを 64 MSa/チャンネルに代わリ利用

    HDAWG-PC

    Real-Time Precompensation Option

    の主な特長

    • Real-time waveform processing for in-situ tunability
    • High-pass compensation
    • Overshoot/undershoot compensation with 8 exponential filters
    • Bounce compensation for reflections and standing waves
    • Programmable FIR filter with convolution length of 30 ns
    • Filter reset by AWG sequence instruction
    • Precompensation Simulator
    • Latency calculation

    HDAWG-SKW

    Output Skew Control Option

    の主な特長

    • 10 ps resolution for wave output delay control
    • Constant resolution for all sampling clock frequency settings
    • Constant resolution across the full range
Contact us